アダルト動画とエロ漫画について

RECOMMEND

エログ

エログを利用する

パソコンゲームでは、家庭用ゲーム機(据置ゲーム機や…

sm

フェチズム

アダルト動画にはフェチズム性の強い作品も多く存在し…

hyougen

エロ漫画の表現

エロ漫画では非現実的なシチュエーションで性行為が展…

NEW ENTRY

INFORMATION

あああ
2013/10/15
エログを利用するを更新
2013/10/15
フェチズムを更新
2013/10/15
エロ漫画の表現を更新

動画の進出

動画

アダルト動画は元々はVHSなどのビデオテープやピンク映画から発展したものです。
まだビデオデッキなどが普及していなかった昭和中期は、ピンク映画などが作られており専用の映画館などで上映されていました。
ビデオデッキの登場により、徐々にアダルト作品は家庭で楽しむものとなり、昨今ではネットを通じてアダルト動画を視聴するのが一般的になっています。

アダルト動画では修正済みと無修正のものがあり、無修正の動画は海外サーバからの提供になります。
日本ではアダルト動画やビデオに関しては、独自に規制を設けており、露骨な性器の露出などは自主規制として修正されています。

ビデオとの違い

ビデオと動画の違いは、媒体が存在するかどうかということです。
ビデオの場合はテープなどの媒体が存在し、その媒体をデッキやプレーヤーにセットすることで再生しています。
これはDVDでも同じであり、巻き戻しや早送りがより簡潔化され利便性が上がりました。

動画の場合はデータをパソコンやネットサーバーに保存するのが一般的であり、ディスクなどの媒体を利用することはあまりありません。
そして、再生中はシークバーが表示され(非表示にすることも可能)そのバーを動かすことで任意の場面を選ぶことができます。
ただし、ネット経由の場合は読み込みが必要なため、環境と動画の重さによっては読み込み場面が多発することもあります。

二次元の普及

二次元

アダルト動画が普及するのと同時に、エロ漫画などの二次元と呼ばれる作品も普及しました。
アダルトビデオの時代からアニメのアダルト作品は存在しており、エロ漫画も存在していました。
また、一般の漫画作品でもセクシー路線を売りにしたものが多く、パンチラや露出などを多用した作品が週刊誌などでも連載されていました。

現在はエロ漫画を専門に連載する雑誌が増え、少年誌や青年誌でも性的連想を誘う描写はありますが、住み分けとして少年誌(特に週刊誌など)では本誌では乳首の描写をしないなどの自主規制が行われています。

3DCGの登場

デジタル技術が発展し、アダルト動画に3DCGを利用した作品が登場しました。
アマチュアでもモデリングのクオリティが高く、商品として販売する層が現れたことにより、同人作品としてのCGアダルト動画が数多く生まれました。
3DCGで制作を行うには、専用のモデリングソフト、モーションソフトが必要となり平成初期までは業務用の高額なものしか存在していませんでした。しかし、デジタル技術が発展、普及するにつれてアマチュアや趣味向けの低価格ソフトやフリーソフトが開発され、一気に広まったのです。

ビデオの販促

アダルト動画が動画サイトなどに投稿されるひとつの目的として、アダルトビデオやDVD、製品動画の販促があります。
アダルトビデオの制作会社によって制作されている動画などは、冒頭に女優のプロモーションビデオなどが追加されていることも多く、女優の宣伝と製品の宣伝を兼ね備えています。

しかし、無料動画だけでも十分な長さがある、内容が完結している場合はその限りではありません。
また、製品版になれば修正が薄くなる、小さくなるなどのメリットを提示して無料動画を公開することもあります。


無料アダルト動画サイトといえば『風林火山』

おすすめリンク

おすすめなエッチ動画を見るなら/エッチ動画像倉庫
丸見えのおまんこが見れちゃう動画のまとめはこちらのサイト!かわいい女の子たちの普段見れない部分を堪能しましょう。
[1]
Top